お知らせ

News

お知らせ

  • CSR

    2024/01/25

    「令和6年能登半島地震」に対するKYBグループにおける支援活動について

    この度の能登半島地震において、被災された方々に心よりお見舞いを申し上げます。

     

    KYBグループ(分子栄養学研究所 社員)は、この度社団法人台湾災難医療隊発展協会(NGO団体)から要請を受け、1月9日~1月11日に石川県珠洲市において現地の救助団体、救援団体と力を合わせて被災地の支援に当たりました。

     

    【支援に当たった社員からのコメント】
    「地震、津波による破壊後の現場は非常に厳しいものでした。さらに避難所では、特に高齢者の脱水や栄養不足が顕著にみられ、その対策は被災者の生存に直結していると感じました。
    避難所では新型コロナウイルス、インフルエンザ、ノロウイルスなどの感染症のリスクが顕著であり、すでに感染者が多くいる状態でした。
    報道されない現場の厳しさ、被災者の苦悩を目の当たりにし、私たちの活動は物理的な支援だけではなく、精神的な支えをも提供できたのではないかと思っています。」

     

    202401_3.png

    この活動は、地域社会への深いコミットメントから生まれたものです。私たちは、被災地の方々が一日も早く日常を取り戻せるよう、全力を尽くしていく所存です。
    最後に、被災された方々に再び心からのお見舞いを申し上げるとともに、この困難な時を共に乗り越えていけるよう、引き続きサポートしてまいります。

     

    KYBグループ
    代表取締役社長 金子 雅希
    令和6年(2024)1月22日

一覧に戻る