研究領域

医師、医学博士、免疫学者、生化学者、有機化学者、工学者、管理栄養士、
クリニカルニュートリショニスト(米国管理栄養士)など多様な分野のスタッフがひとつ屋根の下に集まり、
日々研究開発を進めています。

分子整合栄養医学への飽くなき探求

金子雅俊博士は、分子整合栄養学理論確立の中心人物であるライナス・ポーリング博士
(ノーベル化学賞(1954年)・ノーベル平和賞(1962年)受賞)に師事し、分子整合栄養学を学びました。
分子整合栄養学を学ぶ中で対症療法中心の日本の医療体制を憂いた金子は、分子整合栄養学を日本に
導入するために帰国し、分子整合栄養学の普及と発展を願って研究に没頭しました。
金子は、分子整合栄養学に基づいたサプリメントの研究開発、それから分子整合栄養療法が現代医療と
手を結ぶことによって様々な疾患や不定愁訴が改善するという考えを研究活動の原点としました。
この考えはKYBグループのDNAとして、研究開発活動にしっかりと継承されています。
我々は、日本の分子整合栄養学の原点として、そして最先端研究機関として、
その研究を更に進歩・発展させ、人々の健康に寄与する為、分子整合栄養学を追求していきます。